S15シルビアにKW V4 RACING 車高調を導入!もてぎと日光でテスト

Mugikura号S15シルビアです。今までは転がし用の抜けたダンパーでシェイクダウンやエンジンセッティング、各種異常チェックなどの走行を済ませてきましたが…(前回までのあらすじはこちら)

待ちに待ったサスペンションが入荷しました!

空力の大きいこの車両では、バンプ側の調整が可能な3WAYモデルを必須と考えており、KW V4 RACINGの選択です。

早速取り付けに入りますが、いつも通りすんなりいくわけもなく…

ブラケットの位置変更やショックの自由長変更などを行い、車高に対してダンパーがよい位置で仕事出来るように調整交換を行います。まぁ、手間はかかりますがこういった調整が自分たちでできるところも、このサスペンションの良いところです。

初期セットを済ませ、まずはモビリティリゾートもてぎにてオーナー様による走行です。

すごく路面に吸い付くらしく、限界が見えないというのが率直な意見のようでした。現状はあくまで初期セット。

この日はクリアーを取るのも難しい中、2分8秒台での走行で終了しました。ステアリングが切れない(超重ステ)ということで、改善が必要そう。

改善すれば2分切りは確実かなという好印象のようですし、僕は確信していますw

翌日、日光サーキット。

今回は僕が運転をしました。

結果、まったくハンドル切れませんwww

時計で10分程度動かして限界!そこから片手でギアのダウンなんて、出来たもんじゃない。FD3Sの重ステの比ではありません・・・。でも、その中でも感じるコーナーリング中の動きに、すごく可能性を感じます。

そのままでも38秒台を計測(A050 M 265/35R18)。おそらく36秒は出ますので、パワステへ戻すなり改善を行い、タイムアタックしていきたいと思います。

オーナー様か僕が?w

  • URLをコピーしました!

書いた人

サカモトエンジニアリングの代表です。
チューニングも走ることも好きで、週1はサーキットに行きたいw

最近はもっぱら86(ZN6の方)漬け。
GR86も買いましたが、そちらはしばらくおとなしい予定です。