日光サーキットでストリート然のFD3S RX-7のチェック走行。ウェット~ドライ路面で…

持ち込みセット完了したFD3S RX-7の確認走行で、オーナー様と共に日光サーキットへ。
前回までのあらすじはこちら

今回、走行も担当しておりほとんど画像がありません。。。
すみません。

ノーマル然としたこちらのFD3S RX-7。
取り急ぎ何秒くらい出るのか楽しみなところです。

当日は、雨模様→晴れ模様→朝一だけ雨→午前中雨と、目まぐるしく変わる天気予報w
結果、

フルウェットw

でも午後には天候も回復する予報のため、チェック走行も兼ねて濡れた路面からスタートです。

最初は私がスティントを行っていきます。

大幅なレート変更を行わせていただきましたが、濡れた路面でも「前後の一体感」に優れており、突如乱すような挙動もなく、安定した走行が可能。

外からはマーに車の動きを確認してもらっていましたが、良い感じとのことで、外の動きと乗り味が比較的一致。とりあえずは持ち込みセットが良い方向へといきました。
(フルウェット42秒台でのラップです)

セットアップもそうですが、これは今回施工したドア周りの補強が効いているのかもしれませんね!あとは新調したLSD、またプロミューローター+LUVIXパッドもバッチリといったフィーリングです。

そして路面は良くなっていき、ハーフウェットの徐々に乾く路面状況。コーナーによっては半渇きで、突如タイヤのグリップをなくす可能性のある状況でしたが、コントロール下にある車は安定しており、良い感じ。
(ハーフウェット41秒台でのラップです)

早く、ドライ路面を試したいという仕上がりですね!

・・・で、午後。
何とか路面も乾き、時折小雨がパラつきましたが、ドライ路面での走行ができました。

タイムはあっさりと39秒台突入。ここまで持ち込みセットからの変更は減衰含め何も行いませんでした。

最終的には38秒台がターゲットのため、セッティングを詰めて底上げをしていきたいところですが、オーナー様のイメージしているものと方向性がまったく違った場合、進めていっても無駄ですからね・・・。

というわけでここでオーナー様とドライバーチェンジ。
ガラッと仕様が変わった車両のフィーリングを確認していただきました。

フロントは自由長変更+4キロのレートアップ、リアに関しては自由長変更+8キロのレートアップです。
多分、いままでのモノとは全然違うはずですw

走行されたオーナー様に恐る恐るインフォメーションをお聞きすると・・・、
OKでました(^^)/

というわけでひと段落。

ここからはデジスパイスを利用して比較データなども取得しまして、私(サカモト)好みにして良いとの意見をいただけましたので、再度スプリングの交換して特性変更から進めていきたいと思います。

引続き、日光サーキットでのセットアップやツインリンクもてぎでの走行を予定しております。

まぁ、結局のところ、特注したダンパーが入荷次第、諸々交換するんですがね(;^_^A

続く。

書いた人

サカモトエンジニアリングの代表です。
チューニングも走ることも好きで週1はサーキットに行きたいw

最近はもっぱら86漬け。
2021年はそのデモカーを大幅に仕様変更を決意し没頭中…