ロータリーエンジン製作&NCロードスター車検/アップデート

「こんなはずじゃなかったんだけどねw」

スポーツカーのリターン組に限りませんが、スポーツカーを買った当初と今~これからの使い方・乗り方・走るステージが変わることって、比較的よくある話( ̄▽ ̄)

うちのお客様でそれに該当するひとりとしては・・・
このNCロードスター。

車検とアップデートで入庫となりました(^^)/

ロードスター車検&デフ交換&追加メーター装着

当初は軽くドライブ目的で購入した・・・はずのNCロードスター。
今では、月2?でサーキットを楽しんじゃってます!なMさんです(^^)/

今回、車検&車両のアップデートということでご依頼頂きました。(ありがとうございます)

Mさんは現在、このNCロードスターで筑波サーキットのコース2000や富士スピードウェイをメインに走行されており、イベントによってはプロドライバーによる車両セッティング確認や、ドライビングレッスンを受けていらっしゃる感じで、順調にタイムアップされています。

そんな中、だんだんと積極的に車両の向きを変えていくドライビングや、クリップ付近からのアクセル操作で足りない部分が出てきましたので今回のアップデートとなりました。

というわけで、LSD(デフ)関係を刷新します(^^)/
あ、ちなみにこちらのロードスターはAT(オートマチック)車です。なのでデフはオープンデフ。

で、今回装着したのはOS技研製のスーパーロックLSD SPEC-S(スタンダード)。

各メーカー様でいろんな種類の機械式LSDがありますが、街乗りを含めた中ではOS技研製のがとてもおすすめです。

理由としては耐久性も良いですし、デフがロックするまでのスムーズな動くもわかりやすいです。加えて構造上、街乗りでは「いかにも機械式です」みたいなバキバキした動きがありません( ̄▽ ̄)

ちなみに街乗りをしない(出来ない)デモカーFD3Sでも今回使用したOS技研製のスーパーロックLSD SPEC-Sを使ってます。

で、デフ交換ではただデフを入れ替えだけでは不十分。歯当たり、バックラッシュ(ガタ)の確認、調整を行うことで、100%のポテンシャルを発揮します。またデフケースを開けることと合わせてサイドベアリングやサイドオイルシールなどの消耗品も新品に変えると余計な費用を抑えられるのでお勧めです。

そして、デフ交換で見直したいものの1つ、デフマウント!
トラクションの強化、ドライバーへとリアの状況を分かりやすく伝えるように、リジット化するのもありです(^^)/

今回は純正のゴムマウントからスーパーナウエンジニアリング製のリジットマウントへと交換を行いました。これでより駆動のダイレクト感が味わえるようになると思います!

さらに、お客様のサーキット走行は頻度が過激化して(笑)

真夏も走りこむぞ!ということで、これからの季節!暑くなりますが基本的なクーリングアップデート(オイルクーラー等)は行っているものの、ドライバーにマシンの現状の状態を伝えるものとして、水温計を追加しました。

すごく楽しく、夢中になるサーキットライフに携われることに感謝しています。バシバシ扱かれてきてください(^^)/

ロータリーエンジン×2基製作中

現在、オーバーホールの作業でロータリーエンジンを2基製作しております。(ご依頼ありがとうございます)

そしてその中の1基が組みあがりました。

今回、2基共に組み込むパーツで、RSパンテーラ製のスーパーコーナーシールとWPC3分割アペックスシールを採用しています!

これらはデモカーFD3Sにも組み込まれていまして、ずっと愛用しているパーツの1つです!サーキット走行が主と考えるのであれば、選択しておいて間違いないかと思います。サーキットがメインでオーバーホールをお考えの方は、こういったアイテムもおすすめです。

オーバーホールと合わせて装着される方が多いアイテム

オーバーホールと合わせて「やろうかな」という方&最近お問い合わせが多い弊社オリジナルアイテム、ステアリング関係のリジット化シリーズ。

その1:ステアリングシャフトリジット

その2:ステアリングラックリジット

今回、オーバーホールと合わせて装着予定となっております。(ありがとうございます。)

いずれもFD3S RX-7専用アイテム。装着することでステアリングの「ダルい」の感じが消え、よりダイレクトなステアリングレスポンスになります。

動きや操作に直結するパーツなのでフィーリングの向上はすぐに体感できます(^^)/
パーツ単体の販売も可能なので、お気軽にお問い合わせください!