HKS GTⅢタービンをFD3S RX-7に♪快速ストリート仕様の部品がそろった!

ノーマル然としつつも、さりげないパーツ変更で大人っぽく仕上がっているこちらのFD3S RX-7。ストリートはこういう感じがいいですね(^^)

今回、ロータリーエンジンのオーバーホールと合わせて、パワー系のアップデートをご依頼頂いております。(ありがとうございます)

お客様のご要望等をもとにした仕様が決まり、パーツを発注。現在、続々と入荷しています(^^)/

ストリート仕様FD3S RX-7の今回のメニュー

まずエンジン本体は当店オリジナルのサイドポートタイミングに変更しつつ、各ポート段付き修正を行いまして、スムーズなエアの取り込みが出来るように仕上げます。

それらに合わせて、排気系はサカモトエンジニアリングオリジナルの13B用エキゾーストマニホールド(60Φ)へと変更。

・・・に合わせてw

HKSのGTⅢタービンを組み合わせていきます!飾っておきたいくらいカッコいいですねw

あとHKS GTⅡウエストゲートも採用します。

パワー系の目立つところはこんな感じで、あとは経年劣化からくるであろう純正部品も交換していきます。気持ちよく走れるようにするには、目立つ社外パーツの交換よりもこっちの方が大切だったりもします。変更対象はエンジンハーネスや経年劣化に該当しうるセンサー類、イグニッションコイルなどなどです。

そしてエンジン本体のアップデートと合わせて制御系も変更します。快適なストリート走行をメインにし、たまに行く走行会やスポーツ走行で安心&気持ちよく全開にできるよう、APEX製パワーFCにて制御します。

また、パワーが上がることで駆動系の負担も増えるのでクラッチも変更します。

今回はHKSのツインプレートクラッチです(^^)

あ、パワー系やるなら駆動系もそうですが、忘れちゃいけないのは冷却系もです。けどこちらの車両は以前、トラスト製のVマウント仕様へとアップデート済みですので、そこはバッチリ♪

必要な部品も概ね揃いましたので、これから一気に組み上げていきます。仕上がりをお楽しみに~(^^)/