デモカーGR86(ZN8)を日光サーキットでチェック走行。脚とタイヤ変更でベスト更新

7月14日、日光サーキットのスポーツ走行に行って来ました。今回もデモカーのGR86(ZN8)のチェック走行です。

デモカーは前回の富士スピードウェイ走行からの流れで、まだセッティングを詰めるというよりかは、動作確認や大きく変更して方向性を探るような内容ですが…

その中で単刀直入に現時点で日光サーキットでどれほどで走れるのか、気になるところでした。スピードレンジも全然違いますしね~。

あ、ちなみにですが、日光サーキットのスポ走のゼッケンが新しくなりました!
NEWゼッケン第1号だったみたいですw

で、車両の方はというと、前回からの変更点として、富士スピードウェイで大幅な車高変更を行ったことでズレたトーを調整しています。

  • フロント40′のズレ→0へ
  • フロントダンパー縮みHI側のみ1クリック緩め

という非常にシンプルな変更で持ち込みました。その他はメンテナンスくらいで特になしです。油脂類に関しては下記を使用しています。

  • PETRONAS 10w-60 エンジンオイル
  • PETRONAS 80w-140 ミッション/デフオイル(LSDは純正です)
  • OMEGA 697 クラッチ/ブレーキオイル

走行前のKW V4 RACINGのダンパーのセッティングとしては、

  • フロント伸び7/縮みLO4-HI5
  • リア伸び7/縮みLO4-HI4

です。尚、タイヤについては富士スピードウェイで使った中古のADVAN A052(265/35R18)です。あ、吸排気&駆動系は純正・ノーマル状態です。そして走ってきた結果がこちらです。

AM9:00〜

1アタック目、39秒689で取り急ぎこのデモカーの持ちタイムのベスト更新。

途中、リアの伸び側を変更でフィーリング確認。その他、走行ラインやドライビングの確認を行いました。

  • リア伸び6/縮みLO4-HI4

2本目 AM10:00~

リアバンプHIを変更。

  • リア伸び6/縮みLO4-HI5

ラップタイムとしては1本目の走行がベストタイムではありますが、結果として39秒7〜8あたりで安定して走行できるようになりました。まぁ、正直なところ9秒前半にいれようと必死だったんですけどねw

で、3本目もと思っていましたが、残念ながら雨が降ってきてしまい終了となりました。

本日の車載です。(諸事情により2本目のヒートのベストラップですw)

現状、このデモカーはドライバーのコントロール下(特にブレーキからターイン)でのフロント/リアの仕事量を中心に調整を続けています。まだ調整は必要となりますが、少しずつ理想に近づきつつあります。

真夏ではありますが引き続き、寒い時期のコンディションをイメージしながらセッティングを続けていきます。日光サーキットに関してはまずはターゲット38秒台を想定しています。

  • URLをコピーしました!

書いた人

サカモトエンジニアリングの代表です。
チューニングも走ることも好きで、週1はサーキットに行きたいw

最近はもっぱら86(ZN6の方)漬け。
GR86も買いましたが、そちらはしばらくおとなしい予定です。