FC3S RX-7のロータリーエンジンオーバーホール、単体完成。

ロータリーエンジン本体のハウジング間からぼたぼたとクーラントが漏れるほど、腐食や劣化が進んでしまったFC3S RX-7が入庫です。オーバーホールを進めて行きます。

早速エンジンを分解しまして、再使用パーツの判別。

・・・ですが、漏れているクーラントは茶色の錆水でした・・・。

案の定、本体以外の冷却通路、ホース口など含め損傷が大きく、諸々一式組み上げに不安が残ります(汗)

その他ニードルベアリング、ベアリングの受け側プレートまでもが、爪で引っかかる程度損傷しており、ほぼ壊滅状態・・・。

オーナー様もある程度は想定内ということで、内部パーツの損傷&劣化品はほぼ交換していく方向でとのことで、エンジンの作成に入ります。

ブログですから割愛しましてw

エンジン単体完成です

今回クラッチは、純正クラッチからサーキットへ重視しましてカーボンタイプ。ATSのカーボン シングルクラッチの導入です。

ここから先は補機類の組み上げになりますが、まだまだポンと搭載できる状態ではないので、じっくりと進めてまいります。今回、補機類ではある程度先(アップデート)を見越した仕様で、ECU、点火系も新調していく予定です。

進行具合は、また後程ご紹介したいと思います!

  • URLをコピーしました!

書いた人

サカモトエンジニアリングの代表です。
チューニングも走ることも好きで、週1はサーキットに行きたいw

最近はもっぱら86(ZN6の方)漬け。
GR86も買いましたが、そちらはしばらくおとなしい予定です。