日光G&Dミーティングの走行会に参加!サーキットデビューさんもエンジョイでした

2019年11月13日 レース/イベント

先日9日(土)はお店の方は臨時休業を頂きましてm(__)m

日光サーキットで行われた、G&Dミーティングに参加してきました!サカモトエンジニアリングのデモカーは2台とも参加ですが、それ以上にお客様のサポートです。

今回は初めてサーキットを走る&20年ぶりくらいにサーキットを走るという方がいらっしゃったのに加え、メンテナンスやセッティング、車両製作などで多くのお客様が走りましたので、自分たちが走る以上にサポートに徹していました。

・・・といっても、同乗走行含めてそれなりに走りましたけれどもw

デモカーは2台持ち込み。86ターボで1番時計を狙うも・・・

サカモトエンジニアリングのデモカーとしては2台で参戦です。
えっ、理由?走りたいからですよw

参戦車両はデモカー86(ZN6)と赤い方のFD3S RX-7(まー号)。

デモカー86(ZN6)は仕様変更などは特になく、水温と油温が上がらないかのテスト中という状況。タイヤについてはいつ降ろしたかもう覚えていないくらい履きっぱなしのw ADVAN A052です。

過去ベストはこのパッケージで38秒9を記録しているので、今回は気温もそれなりに低いのでベスト更新と、あわよくば今日の一番時計で帰りたいwというのが正直なところ。

というわけで、路面が綺麗な1本目でタイム出しをしていきます。

・・・うーん、出ない(^^;

結局39秒2までは行きましたが、それ以降タイムが伸びず。要因は色々あるとは思いますが、、、そういう日もあるさ( ̄▽ ̄;)

と言い聞かせてタイム出し終了。

最終枠ではデモレースもあるので、あとは気を張らずに走り込むことにしました。(38秒台に入らなかったのは悔しいけどw)

で、結局リザルト上はどうなったかというと3番目。1番時計は38秒5を出した・・・

まー号w

軽い車体(1000キロ切り)でフルタービン+GTウイング+ADVAN A050 GSコンパウンド(295サイズ)がついててそりゃ・・・というのはありますが、そういう細かいことを抜きにして、あと0.7秒を詰められないか本気で考えていた自分がいたのは内緒w

そしてデモレースではやっつけてやる!というのがこの時点での心境w

ちなみに2番手はこちらのS2000。

かっこいいし、とても良い音させてました(^^)/

サーキットデビューやリターン組のお客様。FD3S RX-7にGD型インプ

今日が記念すべきサーキットデビューというお客様がこちらの2台。エンジンオーバーホールなどをさせていただいた6型のFD3S RX-7のT君と、

サーキットデビューにあたっての基本的なメンテナンスなどをさせていただいたS君のGD型インプレッサ。

両方とも20代前半。若いw

そして20年ぶり?に、サーキットにカムバックしたK様。

こちらのFD3S RX-7もT君と同じくエンジン製作やVマウント、サスペンションにブレーキ廻りと一通り手を加えさせていただいております。

3台ともにG&Dミーティングの初心者枠の走行でしたが、この枠は47秒台以上で無理のない周回ペースに加え、最初の枠ではイベント主催のSさんの先導走行もあるので、サーキットデビューという方にはホントおすすめ(^^)

3人とも無理ないペースで走り続け、走るたびにタイムが上がっていましたし、すごく楽しそうw後日、今日のデータなどを見返して今後へ向けた反省会をしましょうね(^^)/

中級・上級組はグリップとドリフトにも。そしてダブルエントリーw

中級・上級クラスにもエンジンや車両制作などを担当させて頂いた車両が数台。今年SR20DETエンジンのオーバーホールをさせていただいたM君のS15シルビアに、

ER34スカイラインからFD3S RX-7にマシンをスイッチ&車両購入していただいたH君のFD3S RX-7、

エンジンオーバーホールをさせていただいたHさんのFD3S RX-7、

サーキット走行向けの各種チューニングや日常メンテナンスなどをさせていただいたOさんのBRZ、

そして極めつけがw

ノーマルっぽいフルチューンの常連のYさんのS13シルビア。

グリップクラスのエントリーに加えてドリフトクラスでもエントリーw

タイヤはADVAN A052でグリップクラスを走ったんですが・・・。ドリフト時はリアをADVAN NEOVAに履き替えるという。進入速度が異様に速いドリフトなのは、そういうことですね( ̄▽ ̄;)

そしてドリフトクラスでは常連のK君もエントリー。

車両の仕様変更としては最近シーケンシャルミッション化。まだIパターンへの慣れも必要な状態ですが、乗りこなしているようです。

とてもギャラリー受けする走り(^^)/

そんなこんなで、サポートや同乗、アドバイスなどもしながら1日が終了・・・

・・・するわけもなくw

最終枠はゆるめのデモレース。グリッド位置は大人げないw

G&Dミーティングの最後はデモレースです。

レースグリッドは基本的に「じゃんけん」というゆるい感じなのですが、上位ラップの車は有無を言わさず・・・

0.5周加算くらいな位置からのスタートです( ̄▽ ̄;)

とりあえずデモカー86(ZN6)としては決勝が10周なので、それを安定した油水温のパワーベストで走り切れるかが大切なところ。そして後ろのグリッドのまー号を抜かさずにゴールしたいw

ちなみにこのレースには、本日サーキットデビューな方々やドリフトクラスを走ったKくんにも参戦してもらいました。

バチバチのレースではないので、ラップタイムの差がある人の走りを間近で見るのはとても良い刺激になりますからね(^^)

で、レーススタート。

適度な譲り合いwもあるので、時折の渋滞を回避しながら周回してきます。

最終的には2位まで行きましたが、トップ争いをするまでは行けずにチェッカー。

レーシングアクシデントもなく、86もパワーベストで走れる油水温で安定していたので、とりあえずは満足。まー号にも抜かせずにゴールできましたしw

が、レース後、後ろを走っていたまーには冷静に一言。

「86には余裕でついていけたよ。上まで回してないし、ギヤも4速多めだった。」

0.7秒くらいラップ差があるとそうなるようですね。。悔しいけど、今の仕様ならそれが実力か(^^;

というわけで、G&Dミーティングは終了。サーキットデビューさんも中級者さんも上級者さんも、みんな楽しまれていました(^^)


やっぱりサーキットデビューの方も安心して走れる走行会っていいですね!イベント運営者や関係者の皆様、ありがとうございましたm(__)m

今日ご参加いただいたお客様は持ち帰ってきたデータなどを見ながら、後日反省会をしましょう(^^)/

そしてサーキット走行に興味がある、久しぶりに走ってみたいという方!サーキットはとても楽しく、安全に全開で走れる場所ですので、ぜひ一緒に走りに行きましょう!

サカモトエンジニアリングでは車種を問わず、サーキットを走ってみたいという方をサポートいたしますので、是非お気軽にお問合せ下さい(^^)

※次回のG&Dミーティングの開催が決まりましたら別途PRさせていただきます。