BUNZOU号S2000のエンジン分解。開けてみたら…

引続き、BUNZOU号S2000の作業です。直近の走行時の様子からサクっと?軽めに?オーバーホールかなーなんて思い描いてた内容でしたが、エンジンを分解してみてびっくり。

結構な損傷でした・・・汗

ということで、新規ブロックを使用して新しくエンジン作成に入る予定。なのでしばらく不動にします!

・・・とはなりませんw
その間車両が動かないのもアレなので、手持ちのエンジンで始動や走らせてみて他のチェックを行っていきます。まずは中古のAP1ノーマルエンジンを搭載して既存のECUでそのままエンジン始動しました。

次に、今回から導入するフルコン(LINK G4X)を取り付けです。ブログ上では一瞬ですが、こちらの作動チェック&エンジン始動も済み。既存の補機類には水温センサーのエラーがあり、交換を行いました。

このBUNZOUさんのS2000はエアコンなしの競技ベースの作り込み。ですので、アイドリングからパワー系のひと通りの作動チェックを済ませ、ここからは実際にサーキットへ持ち込みまして、コンピューターのセッティングを進めていく予定です。

上記の通り本番エンジンではないですが、どんな仕上がりになるか楽しみです。

  • URLをコピーしました!

書いた人

サカモトエンジニアリングの代表です。
チューニングも走ることも好きで、週1はサーキットに行きたいw

最近はもっぱら86(ZN6の方)漬け。
GR86も買いましたが、そちらはしばらくおとなしい予定です。