FC3S&FD3Sの修理・点検・車検。過激も良いですがノーマルも良いですよ~

ここ最近の作業ではちょこちょこFC3S RX-7が入庫しています。FD3S RX-7に比べると少数派な感じですけど、FC3S RX-7も良いですよね(^^)/

とくにストリートだとw・・・理由?それは。。。

車検&整備で入庫!サイドポート仕様のFC3S RX-7

以前、エンジン製作をさせて頂きましたFC3S RX-7です。早いもので2年がたちまして車検となりました。今回は車検整備と車検のご依頼です。(ありがとうございます)

ロータリーエンジンの仕様としてはサイドポート。タービンはトラストのTD06-25Gで、冷却系はトラスト製のVマウントキットを装着しています。エンジン制御はAPEX製パワーFCという感じです( ̄▽ ̄)

またエアポンプ撤去のエアポンプレス仕様にもなっていますので、エアポンプレスキャタライザーが装着してあります。

そしてこちらのエンジン仕様ではポートのオーバーラップの時間が多くなっているので、パラパラした「ハイチューンドロータリー」らしいアイドリングなんですが・・・。排ガス検査が通るか当時は不安でしたっけね(^^;

結果的には今もこのFC3S RX-7という年式の車ゆえ、判ガス規則が比較的緩くw今回もすんなり通りました。やー、FC様々ですねw

エンジン関係では大切に使用&定期的にメンテナンス頂いているおかげで漏れや異常もなく、引き続き“過激な加速かつ快適な街乗り”FC3S RX-7を楽しんでいただける状態です(^^)/

で、次回のアップデートとしまして「足廻り関係を」のご相談を頂きました。

ご要望として「ハードでも良いから本物の足が欲しい」とのことで、おすすめのダンパーや車高調は数種類ありますが・・・。

色々加味すると今回はエナペタルダンパーにてセットアップを行っていく予定です(^^)
(写真は86用)

デモカーでも長いこと愛用していますが、とにかく超・本気脚にするなら今のところはこれ以上のダンパーには出会えていません。金額とバランスさせるならいろいろあるにはありますが(^^;

そしてダンパーと合わせて経年劣化しているブッシュ類も見直し、「走る曲がる止まる」部分をしっかりアップデートしていく予定です!
(引き続きよろしくお願いしますm(__)m)

ターボ周りからオイル漏れ?FC3S RX-7の修理

続きまして、FC3S RX-7ですw
新規のご来店&ご依頼、ありがとうございますm(__)m

オイル漏れを含む不具合修理&各種点検をということで、色々と確認させて頂きました。

まずオイル漏れの症状としてはターボ周りからオイル漏れがあるとのことで(^^;
ガスケットかな?という予想だったんですけど、よく見ると・・・

インレットパイプのヒビ割れを発覚しました。というわけで潔くこちらのインレットパイプを新品に交換。あわせてIN・OUT共にガスケットを交換しまして、現在様子を見ているところです。

そしてオイル漏れ確認の作業途中にもう一つの不具合が見つかりまして・・・。

ターボアクチュエーターのロッドが外れていました。いつから外れていたのかはわかりませんが、加給圧は掛からない状態だったと思います。洗浄を行いまして確認走行~点検を行っています。

その他の点検では下廻りでドライブシャフトのブーツ切れを発覚。1ヶ所がそうであれば、残りも怪しくなってきます。

ご相談の上、今回はドライブシャフトASSYのオーバーホールを行い、ブーツも全て交換修理しました。これで完調に走れるはずです(^^)/

新規ご来店!ミッション不調&その他点検・メンテナンス

引き続き新規のご来店です、ありがとうございますm(__)m

購入されたFD3S RX-7(スピリットR)が5速ミッション不良&乗っていていくつか気になる点があるとのことで、各種点検からメンテナンスと進めていきます。

まずはお客様のご要望として今後修理していく中で、「ノーマル状態を100%使って走りたい」とのことで、“FDの本来の姿!”をじっくり味わえる仕様へと変えていきます(^^)/

まずはミッションの不具合確認から。試乗させて頂いた段階で即・症状確認出来まして・・・相談のうえ、リビルトミッション&周辺パーツ交換コースとなりました(^^;

また合わせてクラッチも交換となりました。こちらもアフターパーツではなく、FD3S RX-7の純正クラッチへと交換です。

ミッション本体&クラッチの他に、割れたシフトカラーや破れたシフトブーツも純正新品へと交換しています。これで本来の「シャキっ」としたシフトフィーリングとなります(^^)

リビルトミッションに入れるミッションオイルは、デモカーFD&86でも使用しているペトロナス製TUTELA75w-90を注入!すこぶる調子がいいミッションとなりました(^^)/

そして気になっていたという購入時にすでにタイヤとの接触でやぶれていたインナーフェンダーを新品へと交換しました。(左右共にですね)

新車みたい♪

あとFD3S RX-7では「よくある」ライトカバーの取り付け部の割れ。そのままにしておくと、走行中にライトカバーが飛んで行ってしまうこともありますので、早めの対処でこちらも新品へ。

色もボディ色と合わせまして交換しました。今回の対応は以上となります。FD3S RX-7を楽しんでくださいねー(^^)/

日産バネットの車検&車検整備

続きましてザ・働く車の日産バネット。車検での入庫です。

距離数として、4年間で1000キロという超・少走行車。基本点検整備の他に、経年劣化の対象のバッテリー、ワイパーゴム、オイル類と交換をしまして、完了しました。

冷静に考えて走行距離1000キロっていうと、宇都宮からだとスポーツランドSUGO 2往復分ですね・・・。鈴鹿サーキットだと1往復か・・・(^^;

サーキット走行後のFD3S RX-7のメンテナンス

最後はFD3S RX-7です( ̄▽ ̄)

メンテナンスでオイル交換です。

こちらのFD3S RX-7はつい先日にサーキットデビューを飾った車両です。今回は走行後のメンテナンスということでオイル交換。長く乗るためには大切なことですね(^^)

サーキット走行に関するメンテナンスは走る前に行うか、走った後に行うか、はたまた両方か。などなど考えがわかれもしますが・・・。

人それぞれに限られた予算の中で、走りに行きたい衝動を抑えつつ、メンテナンスもしっかりと行わなければいけません。転ばぬ先の○○って、結果的に安上がりになる場合も多いんですよね(^^;

お客様の大切な車両。その最適なメンテナンスを考慮しつつ、楽しいカーライフ、サーキットライフを提案できるように今後も努力していきたいですね(^^)/