デモカー86、軽量化完了&KWM製ブレーキインチアップキット装着!

今日は定休日という名のデモカーなどの開発にあてる日(^^)/

いよいよタイムアタックな季節が近づいてきましたので、それに向けて本格的に準備していきます。サカモトエンジニアリングとしては今シーズンはトヨタ86(ZN6)でのタイムアタックを本格始動していきます!

・・・といってもまずは完全合法のストリート仕様としてですが( ̄▽ ̄)

とりあえずデモカーの現状は脚周りを中心に仕立ててありまして、エナペタル車高調やクスコのアーム類、タイヤサイズアップなどを済ませてある感じです。

で、その状態から軽量化とブレーキ関係を見直しました。

 

まずは軽量化のために材料置換。ルーフ、ボンネット、トランクはドライカーボンに換えました。

最終的には内装もついてますし、外装も同色塗装を施しましたので見た目にはわかりません。あとリアガラスとクオーターはアクリル製に変えています。

見た目にはほとんどわかりませんね ( ̄▽ ̄)

 

次にブレーキです。86のノーマルブレーキのキャパシティや特性などのデータ取れたので、少し大き目へと変更していきます。

デモカーの86はグレードG(グレードとしては一番下)なので、ブレーキローター含めて86のグレードの中で一番ショボいのです。このグレードのブレーキの定番としては、スポーティーなGTグレードのパーツを移植という純正流用です。

が、ちょっと先を見越すと足りなくなるのが容易に想像つくので、GTグレードをさらにインチアップしたKWM製インチアップキットを選択しました。

パッドはデモカーFD3S RX-7や86にて使用&テスト実績豊富なLUVIX製です。

で取り付けるとこんな感じです。フロント!

元々の装着ローターから+約40mmも大きくなりました(^^)/

そして、リア!

フロントから作業しまして、早く乗りたくなった衝動で採寸していませんw

・・・というわけで早速、パッドとローターの初期慣らしたところ、いいかも?な期待出来るフィーリングでした。近日中にツインリンクもてぎのロードコースにてテスト予定ですので、しっかりと見極めたいと思います(^^)/

 

あとどうしてもな衝動買いアイテム・・・

HKS LEGAMAX SPORTSマフラー。

・・・を装着しました。

無駄に大きい排気音も考え物ですが、86でノーマルマフラーだとちょっと紳士すぎてサーキット走ってて寂しくなります。ただ、自走でサーキットというコンセプトの場合、早朝出発でも近所迷惑にならない音量のモノが欲しくなり( ̄▽ ̄)

という感じで買いましたが、イメージ通りなマフラーですね。

 


 

とりあえずこの仕様でのある程度のテストを重ね、データが取れたら次のステップに進もうと思います。脚と制動に関する受け皿が整ったら・・・次はいよいよアレですね(^^)/