NDロードスターを定番チューン!脚周りとマフラーでよりいい車に

先日のNDロードスター(ND5RC)の続きになります。HKSに発注していた部品がすべてそろいましたので、一気に仕上げていきます(^^)/

今回のアップデートで変更となるチューニングパーツはマフラーとサスペンション。いずれもHKSとなります(ご依頼、ありがとうございます。)

お客様のご要望としては、ストリートやワインディングを気持ち良く走れる【大人仕様で!】という感じでご相談を頂いておりました。パーツの最終的な選択としてはお客様の方で目星をつけてきた選択と、サカモトエンジニアリングとして提案するパーツ選択が一致していまして、サクッと決まりました。

まずマフラーを・・・

HKS製 LEGAMAX Sportsへと変更!まずスタイルとしてはやんちゃすぎずな大人な感じでいいですね( ̄▽ ̄)

サウンドに関しても大人びた感じで好み的にも申し分なし!静かすぎずうるさすぎず、ドライバーをその気にさせてくれるサウンドをしています( ̄▽ ̄)

そして次にサスペンション。

あくまでストリート重視!乗り心地を確保しながらワインディングを楽しくということで、こちらもHKS製でハイパーマックスⅣ GTを選択しました。

取り付け後は初期の馴染ませが必要なのでチェック走行含めて慣らし運転を!

今回は一日お預かりでの一気の作業ですので、馴染ませるために多めの走行を行いました。心地良いサウンドに、追従するサスペンションで、このまま峠に行きたいなと思うくらいでしたw

NDロードスターのベース車両と今回のパーツ選択は、そのくらいフィーリング&インフォメーションが心地よかったです。

さて、慣らしから帰ったら仕上げ作業の・・・

四輪アライメント!

車高も元より下げていますので、足廻り構造上、(特にリアの)アライメントは大きく狂います。

といっても、こちらのマシンではブッシュやタイヤの状態も新しいので、ハンドル曲がりもなくそれなりに走ってしまいます。(お疲れ気味のRX-7では大体斜めに走りますw)

一通り数値をチェックし、アライメントを適正化。今回下げた車高値とショックに合わせて、さらに乗り味が改善できる方向で修正を加えまして、完成となります。

最終試乗走行では、作業前の状態よりもステア操作も軽快になりまして、よりロードスターらしいかなり良いフィーリングに仕上がりになっていますので、お楽しみに♪

NDロードスターもいいなぁ・・・( ̄▽ ̄)