FD3S RX-7のバッテリー液漏れによる腐食対応作業&牽引フック取り付け加工

FD3S RX-7のご入庫です。こちらの車両はずいぶん昔(10年近い?)から気になっていた箇所として、エンジンルーム内に設置されていたバッテリーの取付け部の劣化から、バッテリーが動いてバッテリー液がこぼれていたのでは?という形跡がありました。

それにより、バッテリーの下部分にあるパーツ類、エアコンコンプレッサーやオイルクーラーホース、スタビライザー、ブラケット関連に付着し、錆が発生しているという状況です。尚、現在はリアバッテリー化してあります。

今すぐに問題になる箇所でもないため、他ご依頼での入庫の際に「気になりますねー」と話しながら、そのうちにやりましょうと先延ばしにしていたメニューですが。。。

今回、ホースからの水漏れが発生。傷んだオイルホースからも漏れを起こす可能性があることから、関連系の刷新を行うことになりまして、いよいよその作業を着手することになりました。(前回までの作業はこちら)

先ずはスタビライザー。以前同様?クスコのスタビライザーで前後交換取付。


フロントブラケット等は錆落とし、塗装。リアに関しては、ブラケットの形状変化があり純正新品にて対応しました。

冷却関連の主要ホースを交換。

ヒーターホースや、一部メッシュホース、シリコンホース等の交換に、ラジエター周りはワンオフでの作成になっておりますので少々修正を加えながら、ホース関連の交換。

次にオイルクーラーホース関連を交換。純正のオイルラインを全撤去。メッシュホースで取り出し口から作成を行いました。

ミッション脱着を行い、クラッチレリーズ摺動の清掃/グリスアップ。クラッチべダルのグリスアップ。

それに合わせてオーナー様のヒールトーのペダル操作の適正化のため、スーパーナウアクセルプレートを装着。こちらは納車時に位置調整等の確認を行います。

で、これらとは全く別の作業で…

簡易的な1個のボルト止め牽引フックを装着済みでしたが、しっかり&がっちりなフレームからの取り出しのご依頼で、溶接加工にてワンオフ取付け。

オートスタッフの牽引フックを使用しています。

だいぶ汚れが気になり(なんかパサパサでターボに吸い込まれそう)、エアクリーナーの取替。勝手に青にしてしまいました・・・汗

取り急ぎ、今回のご依頼&ご提案内容は完了となりました。

細かいことをいうとまだ気になる点などはございますが、よくオーナー様とご相談しながら、少しずつ修正完調にしていければ良いなと思います。

取り急ぎはモビリティリゾートもてぎがシェイクダウンになるのかな?良いシーズンが送れると良いですねー♪諸々、ご依頼ありがとうございました。

  • URLをコピーしました!

書いた人

サカモトエンジニアリングの代表です。
チューニングも走ることも好きで、週1はサーキットに行きたいw

最近はもっぱら86(ZN6の方)漬け。
GR86も買いましたが、そちらはしばらくおとなしい予定です。