極上の6型FD3S RX-7の製作引き続き。エンジン単体完成し、足回り着手

6型のFD3S RX-7ベース、極上の車両を作る・・・は順調に進んでおります(^^)/

とりあえず前回の作業ブログではエンジンが降りたところでしたけど・・・

ショートエンジン完成しました!

ざっくりとした仕様は新品部品が比較的多めのエンジンオーバーホール+ポート系のファインチューンを施してあります。エンジン系についてはここから補機類のセットアップへと続きます。

ちなみにこれから行う予定のエンジン系のメニューはこんな感じです。

  • HKS製Vマウント取り付け
  • エアポンプレス化(公認含む)
  • フルコン化(LINK)
  • 常時ツイン仕様へと変更

他にも細々ありますが、上記を行うことで快速なブーストアップ仕様のFD3S RX-7に仕上がります(^^)/

で、続きまして足回りも進めておりまして・・・

まず今回は足周りのブッシュについてフルピロ化します。ピロについてはスーパーナウエンジニアリング製のものを一式使います。また先々ではアーム類も変更する予定なので一式取り寄せたところ・・・

ピロを含めて結構なパーツの量となるのです( ̄▽ ̄;)

そしてうち換えの際に必要なのはアーム類のノーマルブッシュを抜いたり、アームそのものを洗浄する作業。

地味に大変ですが、綺麗に仕上げるためには大切な工程ですし、綺麗になると気持ちがいいですね~w

で、足回り関係の今後のメニューはというと・・・

  • スーパーナウエンジニアリング製フルピロ(←今ここ)
  • スーパーナウエンジニアリング製ショートアームやリンケージ等のアーム類取り付け
  • HKS ハイパーマックス車高調取り付け

という感じです。エンジン、足回りが終われば次はブレーキ、そして・・・っと、まだまだ先は長いですが、ひとつひとつキッチリこなして極上で快速なFD3S RX-7を形にしたいと思います(^^)/