極上の6型FD3S RX-7の製作に着手!仕上がりはきっと・・・

2018年10月17日 工場

今週は大変お待たせを頂いておりました6型のFD3S RX-7の作業に取り掛かりました。(ご依頼ありがとうございます。)

6型のFD3S RX-7と聞くと、それだけで極上車と錯覚してしまいますが、生産終了からそれなりに経過しています。なので走り出したとたんに・・・ということはもはやよくある話です。

こちらのオーナー様はそういったことを加味したうえで、極上で完調なFD3S RX-7に乗りたい!ということでお話を頂きまして、今回の作業となりました(^^)/

メニュー的にはボディ以外のすべてに手が入ります。その中でまずは・・・

エンジンを降ろしました( ̄▽ ̄)

ここからエンジンのオーバーホール、フルコンでの制御、Vマウント搭載、足回り関係(車高調+フルピロ化)、ブレーキ関係を一新などを進めていきます。

ちなみにエンジンのオーバーホールについては各シールの交換はもちろんのこと、ハウジング類がすべて新品にて組み上げになります。

取り急ぎは再使用パーツだったり、今までの車体の状態を探るうえでのエンジン状況の見極めなども行いますので、各種計測や洗浄等を進めていきます。

具体的な進捗や選定パーツなどは追ってPRさせて頂きます(^^)/


続きまして、普通のwクルマ屋さん的なお仕事です。車検&車検整備でご依頼頂きましたトヨタのボクシー。(ありがとうございます)

各種入念なチェック&整備を行い、今回は油脂類を交換していきます。そしてかれこれ購入から5年目となる今回の車検でしたが、タイヤの摩耗&劣化も進み交換時期に近づいていましたので、交換させて頂きました。

銘柄お任せで!ということで、ヨコハマタイヤのワゴン車用モデルであるブルーアースRV02にしました(^^)/

そして車検の方はすんなり合格。(そりゃそうかw)コンディションもばっちりですので、引き続き使い倒してください。ご依頼ありがとうございました~( ̄▽ ̄)