FD3S過給圧不良の修理、そして13Bオーバーホール+チューン

2018年09月21日 工場

FD3S RX-7には構造や作り、年式ゆえにいくつか定番トラブルがあります。その中で入庫したこちらのFD3S RX-7ではノーマルタービンのブースト(加給圧)不良が出ました。5型は割と高年式な方に入りますが、それでも年齢的には旧車の域ですからね(^-^;

症状の確認や各部の点検をを行きますと、今回はバキュームユニットの不良が原因でした。

このユニットはスロットル~インマニの下にありますので、上部をバラシして交換になります。チェック走行にて元通り圧力掛かるのを確認できましたので、これで作業完了です(^^)/

ご依頼ありがとうございました~

 

で、続きまして13Bエンジンのオーバーホール&チューンでFD3S RX-7が入庫です。

仕様等はすでに決まっていますので・・・

エンジンをおろしました( ̄▽ ̄)

これからエンジン本体のバラシ、各部の洗浄&測定を進めていきます!

洗浄や計測は写真映えしない割に地味な作業ですが、オーバーホールの中では一番大切な作業。これで再使用できるパーツのチェックを進めていき、その後はポート研磨となります。

どんな仕様になるかは・・・こうご期待(^^)/