連休明けはエンジン搭載やワンオフ作業を一気に進めてます

2018年08月24日 工場

頂戴していた夏休みも終わり、今週から平常営業となりました。連休で充電させて頂きましたので、各種作業をキッチリ進めていきますよ( ̄▽ ̄)

スピリットRのエンジン搭載が完了!

今月上旬にオーバーホールを行った13Bエンジン。搭載車両はこちらのFD3S RX-7 スピリットR。

写真撮るのを手遅れてしまいましたが、、、エンジン搭載しました( ̄▽ ̄;)

ラジエターをDAIWA RACING LABO製へ交換。電動ファンやモーター、シュラウド、ホースもすべて新品にて組付けました。

今回のエンジンオーバーホールにあたってはその他にもついで作業的な内容で、デフマウントや燃料系でフィルターの交換なども済ませてあります。

そしてエンジン補機類部ではメタリングオイルポンプ、インジェクター、ハーネス、イグニッションコイル、ソレノイドバルブ、エアポンプとトラブルの引き金になる部品たちはすべて交換を行いました。

補機類関係の消耗品は他にもありますが、現時点ではあまり影響もなく、後からでも交換が出来るパーツについてはお客様にご相談の上、再使用しております。

ここまで来れば間もなくエンジン始動です!楽しみですね♪
もう少々、お待ちくださいませ(^^)/

購入された車両の各種チェック!FD3S バサーストR

続きまして貴重なグレード?FD3S RX-7のタイプR バサーストRが入庫です。こちらの車両は購入してきたばかりということで、まずは各種チェック諸々~消耗具合や修理提案をというご依頼です。(ありがとうございます)

FD3S RX-7はモノによってはプレミア価格がついていますが、走らせるとなるときちんと現状確認&メンテナンスしないと壊れる可能性も高いですから、こういう作業はとても大切なことです(^^;

試乗走行や定番のエンジン圧縮点検、各種よくある系の消耗部品の状態確認などをさせて頂いた結果・・・。

数点の不具合がございまいした。でも急に致命傷になるような不具合でもないので後々の修理対応となりました。こういう部分は関連部位のアップデートのついででも良いですしね( ̄▽ ̄)

で、早速?のマフラー変更のご依頼を頂きました(ありがとうございます。)選ばれたアイテムは納期が少し掛かりますので、入荷次第また作業の方へと入りたいと思います。

何を付けれるかは・・・お楽しみに(^^)/

シビックタイプRユーロのプラグ&オイル交換

久しぶりの珍しい車両が入庫です。ヨーロッパのホンダが作ったというシビック タイプRユーロです。

今回はスパークプラグの交換とオイル交換の作業をご依頼いただきました。(ありがとうございます)

こぼれ話としてはスパークプラグの交換はちょっと面倒な感じですね(^^;
ま、FD3S RX-7もプラグ交換は面倒な部類に入るかもですが、それは慣れているからそう感じないだけで結局は慣れなんでしょうw

ワンオフVマウントのFD3S、エンジン始動!

ワンオフのVマウントを製作していたFD3S RX-7、やっとエンジン始動しました!

現在、入念なオイルや水漏れの確認、そしてエアコン関連を真空引きで漏れ確認、ガス充填まで終了しております。残るは漏れ確認のため固定していなかった配管や配線の後処理で完了となります。

そしてやっと蓋が出来る状態になりますので、この後は鈑金屋さんへと移動しましてバリっとした外装になる予定です(^^)/

大人仕様タービン交換FD3S、まもなく?

こちらも比較的作り物が多めなFD3S RX-7。
大分お待たせしてしまい、申し訳ありません( ̄▽ ̄;)

車体にはすでに、オーバーホール&ポート研磨を施しましたエンジン搭載が搭載されています。

現在は補機類の仕上げに取り掛かっている最中ですので、ここから一気に取り掛かりたいと思います( ̄▽ ̄)
もうしばらくお待ちくださいませ。


さて、連休もあったのであっという間に8月が終わろうとしています。9月からはちょっとだけ?ショップ的に変わることがありますので別途触れさせていただきます。

お楽しみに~(^^)/