FD3S RX-7の事故板金。現在最終仕上げ!

スポーツカーの中でも事故率が高い方に入るFD3S RX-7。中古での車両購入ともなると、事故車であってもきちんと修理されている個体は相応の価格になっていますね~。逆に、事故ったからといってそのRX-7を手放す方が少ない印象も受けたりします。(うちに来るお客様だけかもしれませんがw)

RX-7好きはホント、RX-7を愛していらっしゃいます(^^;

というわけで、現在作業真っ只中の白のFD3S RX-7。事故で車両のフロント廻りを損傷してしまいました。状況として中央分離帯を乗り上げてしまい、外装&足回りが相当やられた感じでした。

それでも「元通り直したい」とのご要望で、元気に走れるように作業を進めてきました。(ありがとうございます)

まずはファイバーの修理&ボディフレームの修理と行い、曲がったメンバーを新品に交換です。

そしてこの規模の損傷なので、サスペンションにもダメージを追っていましたので交換。元々、トラスト(Greddy)製パフォーマンスダンパーが装着されていまして、今回は同じ乗り味にしたいとのことで、前後共に新品の同製品へと交換しました。

ハブベアリングも異常は見えませんでしたが、乗り上げた車輪は左右共に新品へと交換。どちらにせよハブベアリングは定期的に変えたい大切な消耗品ですからね(^^;

・・・という感じで作業を一通りこなしましたが、やっぱりきちんとアライメントが出ないことには機械的な仕上げとはなりません。計測するまではホント不安でしたが・・・

キッチリといい数字が出ました(^^)/

最終仕上げはもちろん試乗した検査となりますが、それもばっちりクリア♪これで元通り元気に楽しく走れるFD3S RX-7として仕上がりました!

こうして、貴重な貴重な絶版車のRX-7の個体が減らずに済みました。オーナー様、引き続き大切に走り続けて頂きますようお願いいたしますm(__)m