S2000(AP2)で旋回中にシフト操作ができない。症状からマウント類をチェックしていくと…

前回デフのフルオーバーホールを行ったS2000(AP2)。その納車後早速、富士スピードウェイへ行かれたようです。
(前回までのあらすじはこちら)

当初問題だったデフからの異音も完全に直り、気持ちよく走行されていたようですが、また新たに異変が・・・。

今度はシフト操作がコーナー旋回中だけ渋い・・・!?
それもちょっとじゃなくて結構入らないレベルらしいです。

早速、修理のため再度入庫となりました。

シフト操作できないのは片方のコーナーだけのようで、逆のコーナーは問題なく、ストレートも大丈夫。となると、考えられる要素としてはマウント系ですね。

他にも原因はあるかもしれませんが、取り急ぎはエンジンとミッションのマウントを無限強化タイプへ交換しましょうとなりました。元々も無限だったようですので、尚更安心ですしね。

案の定、エンジンマウントは割れていました。それも結構ぱっくりだったのでトラブル原因は当たりの予感です。

そしてこのAP2。エンジンマウントのブラケットとマウントの間にあるはずのプレート?が撤去されていました。すると装着しようとするエンジンマウントの位置出しのポッチ(凸)が飛び出てしまい、ブラケットと面が出ない状態になってしまっていました。

以前はそのまま装着されていたようでしたが…

弊社ではこの凸部をカットしまして、面が出た状態での取付けを行いまして、作業完了となりました。その対応に時間がかかり作業中はお待たせしました・・・。

また、購入&保管しておいたADVAN A050を交換取替えました。ありがとうございます。

その後は振動もすごく静かになり、シフトもスコスコ入るようになったとのご連絡いただきました。部品を交換しただけですので何も褒められることはないのですが、大きな問題ではなく復活出来て良かったです。

次は気持ちよく走行できることを祈ります。ご依頼、ありがとうございました。

  • URLをコピーしました!

書いた人

サカモトエンジニアリングの代表です。
チューニングも走ることも好きで、週1はサーキットに行きたいw

最近はもっぱら86(ZN6の方)漬け。
GR86も買いましたが、そちらはしばらくおとなしい予定です。