FD3S RX-7、3500回転付近からいきなりのエンストの症状。故障原因調査&修理

故障診断&修理のご依頼でFD3S RX-7のご入庫です。

症状としては一般道路を走行中、3500回転あたりからいきなりエンスト。その後は再始動して普通に乗れるそうです。最初は様子を見ていたところ違う日にまた同じ症状でエンスト。冷間始動直後もエンストするという多発気味なようなので詳しく調べていきます。

こちらの車両は4年前に当店にてエンジン製作とAPEXi パワーFCでのセッティングを行っております。またセキュリティーシステムやその他電気系統も接続されているので、それらも疑いながら調べていきます。

症状が再現するのが一番ですが残念ながら、お預かり時にはエンストの症状を確認できませんでした。。。

が、何かおかしさを感じ各計器を取り付けてチェックしていきます。

始動時からも空燃比のズレを確認。エンジン回転を回すにつれ、空燃比も大きくずれていきます。この状態と数値、今回のエンスト症状の原因でおそらく間違えありません。

燃料、燃圧系統の異常です。

その他、各種点検を行いまして、リレー取替、燃料ポンプの取替、ポンプハーネス(12Vポンプ駆動)の取付けを行います。

交換後は、パワーFCのリセッティングを行います。各種調整、ブーストのチェックを行いまして作業完了です。

オーナー様の早い対応でエンジン損傷など大きなトラブルも出ず、無事復活出来ました。ご依頼含め、ありがとうございました。

  • URLをコピーしました!

書いた人

サカモトエンジニアリングの代表です。
チューニングも走ることも好きで、週1はサーキットに行きたいw

最近はもっぱら86(ZN6の方)漬け。
GR86も買いましたが、そちらはしばらくおとなしい予定です。