NDロードスターRFにS耐仕様の車高調導入。サーキット向けアップデート

NDロードスターRF NDERC(ぶん蔵さんのお友達)の作業です。こちらの車両は今まで必要最低限のブレーキパッド類のみのノーマル仕様でサーキット走行を繰り返しておりました。だけど・・・。

そろそろイッちゃう!的なノリかどうかは定かではありませんがw
よりサーキット指向へとアップデートしていくこととなりまして、ご依頼を頂きました。ありがとうございます。

まずはサスペンション。ノーマルから車高調へと変更です。

こちらは新開発ツインニードルシステム採用による伸・圧24段の独立した減衰力2WAY調整のCUSCO SPORT TN_Rのご選択。さらに、こちらは「スーパー耐久レース仕様」となっております!

それに合わせ、フロントを純正より深いキャンバー角&キャスター角を得るため、スーパーナウエンジニアリング製の偏芯ピロ仕様のロアアームへと変更します。

次にタイヤ。
ぶん蔵さんは現在、「村上モータース NDロードスター」のテストをされており、こちらの車両データがありますので、銘柄やサイズ含めて同じものを選択する形になりまして、

ヨコハマタイヤのフラッグシップスポーツラジアルタイヤのADVAN A052です。サイズは225/45R16。

合わせるホイールは村上モータースさんより、RAYSのTE37 SONICを購入させていただきました。

取り付け準備が整いましたので、各パーツの取替。

各アームの締め直しと、車高調整を繰り返しまして、ぶん蔵さんのテストする「村上モータース NDロードスター」と同一車高に。

そして、最終調整の四輪アライメント!

キャンバー、キャスター、トーを、今までのデータ&車両との兼ね合いを見ながら調節しまして、持ち込みセットの完了です。

そーそー、
今回のダンパーは2WAYタイプのため、調整方法を一緒に確認(^^)/

さ、近日早速TC2000の予定のようなので、楽しみですね!ご依頼ありがとうございました。

書いた人

サカモトエンジニアリングの代表です。
チューニングも走ることも好きで週1はサーキットに行きたいw

最近はもっぱら86漬け。
2021年はそのデモカーを大幅に仕様変更を決意し没頭中…