FC3S RX-7の車高調含めた足回りの仕様変更&ブレーキリフレッシュ!

今回はFC3S RX-7です。リフレッシュも兼ねてのご要望で、サスペンションを含めた足回りとブレーキのアップデート&リフレッシュを行なっていきます。オーナー様はストリートからサーキットを両立した仕様を望まれております。

まずはブッシュ関連のフルピロ化。部品がこちらです。

FC3Sの足回り関連といえばやっぱり・・・、スーパーナウエンジニアリング!一通り即納で揃っているのが助かります〜

パーツとしては調整式アーム、ピロ、ハブ、スタビ関連、リアハブ&ベアリング(純正)などです。ほぼスーパーナウ製品で完結しますねw

取り付け終わると、スーパーナウ標準色のオレンジのパーツが非常に目立ち、チューニングカーらしい下回りになります!やる気にさせますね~。

次にサスペンションを交換していきます。ダンパー本体は…

APEX製N1ダンパーです!仕様はオリジナルに変えています。

フロント、

リア。

オーナー様のご相談&ご希望で、レシオなどはストリートはもちろんのこと、一部サーキットに的を絞った仕様にしてあります。
※今回はスプリングレートの選択から行なったオーダーメイドのダンパーを新規作成しています。

今後は、日光サーキット等でサスペンションのセットアップを行っていきたいですね。この仕様なら結構良いタイム出そうw

次に、ブレーキ。
フロントには別メーカーキャリパーが加工取付けされております。

リアは大径化加工。
共にFD3Sの17インチローターを使用しており、ディクセル製の焼き入りタイプを加工して取り付け。

オーバーホールしたキャリパーを組み付け、ブレーキホースはメッシュホースを新品交換。

ブレーキパッドはデモカーでお馴染みLUVIX製。抜群のブレーキポテンシャルを発揮してくれます!ブレーキオイルはOMEGA 697を入れています。

続いてタイヤ。こちらはハイスペックスポーツラジアルの。。。

ADVAN A052のご選択です。サイズは「255/40R17」これを4本通しで装着です。

で、諸々の取り付け作業が完了。ここからは各部の調整です。基本的なセットでまずは計測しますと。。。

FC3S RX-7は素晴らしい基本設計ですw
上記画像の重量はいわゆるほぼ吊るしの状態ですが、配分的にも良いところにきてますね!

で、ここからはこれまでの実績などをもとに味付けを加えていきまして、4輪アライメント調整を行なっていきます。

これはおそらく、、、だいぶアップデートになってますw
シェイクダウンがすごく楽しみですね!

あ、
フロントはフェンダー爪と垂れ下がったライナーがタイヤと接触しそうなので、加工しますね(汗)

サーキットなどを走りましたら、またブログで紹介したいと思います!

書いた人

サカモトエンジニアリングの代表です。
チューニングも走ることも好きで週1はサーキットに行きたいw

最近はもっぱら86漬け。
2021年はそのデモカーを大幅に仕様変更を決意し没頭中…