スーパーナウ赤卍号、オーバーホールしたエンジンが載りました!

赤卍号の引き続きです。

入念に補機類のチェックを済ませ、組み込みを行ったロータリーエンジンを車両へ搭載しました。

今回の赤卍号では補機類を大きく変更する点がありますが、それはまた後日に。(もったいぶっているわけではないんですけどねw)

で・・・
現時点での今までと違うところとしては、オイルパンからの漏れ(滲み)対策。ロータリーエンジンの場合は結構あるあるなんですよね~。

基本的にオーバーホールして組付け当初は大丈夫なんですが、しばらくするとオイルパンから滲みが出たりします。(数千キロ~1万キロくらい?走ると出るイメージです。)

そこで今回はひと手間加工を入れています。そもそも赤卍号の場合、熱対策の一環でスーパーナウ製のバッフルプレートを入れていますが、それに溝加工が施され、さらにオイルパン側にもシール材の食いつきをよくするための処理を施しています。

詳しくはこちらをどうぞ

ちなみに液状ガスケットはWAKO’S製を使用しています。

次にタービン。HKS GTⅢ-4R TURBOを使用していますが、アペックスシールの割れ(破損)によるプロペラ損傷が懸念されますので、新品へ交換。

取り外したタービンはHKSでオーバーホール行い、スーパーナウ号予備エンジン用にストックします。

次にミッションの交換。スペアミッションを導入します。

オイルは、PETRONAS TUTELA ZC SUPREME 75W-90 を入れています。

さ、まもなく!エンジン始動になります。

そういえば・・・車検が切れているので、忘れないようにしないと(;^_^A
引き続き進めていきます!

書いた人

サカモトエンジニアリングの代表です。
チューニングも走ることも好きで週1はサーキットに行きたいw

最近はもっぱら86漬け。
2021年はそのデモカーを大幅に仕様変更を決意し没頭中…