6型FD3S RX-7 スピリットR、オーバーホール後のエンジン始動!

2019年11月27日

ロータリーエンジンのオーバーホール作業を進めている6型FD3S RX-7 スピリットR。

前回までの作業でエンジン単体が完成しましたので、引き続き進めていきます。(前回までのあらすじはこちら)

まず車体側ではラジエターを純正品で新品交換し、、、

オイルクーラーを取り外し、内部を徹底的に清掃し、組み付け直しなどを行いました。

エンジン補機類の組み付けでは、スロットルボディは全バラシにてオーバーホールを行いまして、組み付け。

各部劣化部品の交換はもちろんのこと、メタリングオイルポンプもASSYで新品交換。

ウォーターポンプやサーモスタットなど、劣化している物は潔く交換。

ターボチェージャーもASSY交換。リビルト品での対応となりました。

もう付いてしまっていますし、ブログではあまり触れませんが・・・(^^;
エキマニのボルトやナットの新品もしくは、ネジ山修正をすべて行い、取り付けました。

点火系や、ホース類もシリコンホースにて取替。

そしてよくあるトラブル箇所の一つであるバキュームユニットは交換済みとのことで、今回は再使用となりますが正直・・・。

慣らし運転が終わって、実走チェックしてみないと・・・ちょっと不安ですね(;^_^A

プラグコードは、永井電子製へ。スパークプラグは純正で(^^)/

エンジンハーネスやコイルハーネスを新品交換。

などなど、ひとつひとつ慎重にチェック&交換を行いながら、補機類の組み付け完成。

で、エンジン本体を搭載。

いつものごとく、ブログですのでここは一気にw

エンジン始動!(^^)/

こちらのFD3S RX-7は初めて触る個体で、入庫時がすでにエンジンブローということで、作業以外にも車両コンディションとして見落としがないか、今回は1.5日ほど掛けて入念にラッピングとチェックを行いました。

結果的に初期トラブルも皆無で、ここからは200キロ程エンジンの慣らしをしながら、次の入念なチェック&走行を行います。で、その後は慣らし運転のための一時納車となります。

元より、エンジン音がものすごく静かです(^^)/
お楽しみに♪