6型FD3S RX-7のエンジンオーバーホール完了。エンジン始動!

2019年10月23日

引き続き、ロータリーエンジンのオーバーホール中の6型FD3S RX-7についてです。(前回までの内容はこちら

今回は補機類のセットアップを進めて行きます。

まずザラっと一新するパーツを紹介すると、、、

メタリングオイルポンプ新品。
点火系ではセンサー、ハーネス、コイルと新品。
その他センサー新品。
エンジンハーネス新品。

・・・と、経年劣化が見受けられる重要部品は潔く新品部品を組み付けていきます。

次にターボ系で、バキュームユニット新品。このターボ系ユニットは、ほぼ全車交換してるかも?くらい故障するので、オーバーホール時はもちろんのこと、コンピューターセッティングのご依頼時等でも、同時に交換を視野に入れても良いパーツかもですね。

次にタービン組み付け。タービンについてはリビルト品での対応となりました。錆が目立つターボハウジングカバーは、塗装を施して組み付けました。

エンジン以外では車体側に移りまして、各ゴムホース類の交換から水廻り系のリフレッシュです。

ラジエーターやセパレートタンクといった樹脂タンク類は経年劣化で変色しますし、硬化もします。なのでクルマの状態によってはいつ漏れ出すかわからないですし、エンジンオーバーホール後にオーバーヒートなんて元も子もないですからね( ̄▽ ̄)

こちらも新品にて対応。

今回、ラジエータは純正品です。

それらの諸々の下準備が終えまして、エンジンの搭載となります。ブログですので、一気に・・・、

・・・搭載完了となりました。(^^)/

スロットルボディも全バラのオーバーホールを行っていますので、スロットルセンサー調整や、冷間時調整、ダッシュポット調整と行います。

またエンジン制御では個体に合わせたエンジンセッティングが出来るよう、書き換え可能なコンピューターをご希望ということで、APEX製パワーFCのご選択となりました。

残念ながら、まだコンピューターが未入荷なため既存の純正コンピューターにて、まずは無事エンジン始動となりました(^^)/

で、その後は漏れや異常ないかの十分な確認をこなしながら、一日ラッピング。次はいつもの通り200キロ程、当店の方で慣らし運転を行い、オーナー様にて2000キロ程慣らし運転を行って頂くため、一時納車となります。

まずは一時納車をお楽しみに♪