オーバーホールで6型FD3S RX-7 スピリットRのエンジンを分解!すると、、、

2019年10月25日

ロータリーエンジンのオーバーホールのご依頼で、6型FD3S RX-7のスピリットRが入庫となりました。

オーナー様とは「エンジンも大分お疲れ気味のような気がする」「タービンも交換してほしい」というご相談のもと、「再使用できるパーツはなるべく使う方向で」と、話がまとまりました。

・・・とは言いつつも。

はじめて触る個体(ご新規様)ですので、いつものごとく、各パーツをよく検証しながら、じっくり分解作業に入りたいと思います。

まず入庫時(エンジン分解する前)のエンジンのフィーリングとしては、アイドリングやレーシングで振動も加わりながらの吹け上がり。

「何か起きてるな?」という雰囲気を感じながら、一筋縄ではいかないかも?という印象がありますが・・・、はたして。

早速ですが、エンジンを車体から降ろしまして、

各パーツの消耗劣化具合を確認していきます。

まず車体側ではゴム系諸々のホースはもちろんのこと、ラジエターも真っ白に変色していました。ラジエターは再使用をご希望でしたが、これはダメですね(;^_^A

どうにか使ってもいいのですが、パンクする可能性が非常に高く、結果的に高くつくという諸症状。

次にエンジン側。補機類の取り外し。

その後、エンジン単体の分解・・・
あ。。。

はい!異常が出てきました・・・。
オイルパンにあるの、メタルじゃないですか・・・?ほかに固い異物も!?

オイル廻りの配管や通路、オイルポンプやその他と全部周ってますね・・・( ̄▽ ̄;)

各パーツのダメージ具合は洗浄と測定してみないことにはわかりませんので、じっくり洗浄と測定を行ってこうかとも思いますが、んー・・・これはもしかすると全部ダメの可能性大(^^;

恐らくですが、メタルの破損からステーショナルギアに噛みこみ(逆もあるかな?)、エンジン内部からタービン(白煙が出る)、各摺動部分に異物が混入したんだと思われます。

まぁ、あくまでもそれは想定で、今までは他店でのメンテナンスということもあり、そもそもの原因がオイルによるものなのか、エンジンによるものか、人為的によるものか、補機類に異常があるのか、わからないのが一番怖くw

はじめて触る個体ということで、慎重に復活へと導いていきたいと思います(^^)/

まずは、これらの不調とその実情などをオーナー様とよくご相談をしながら、作業メニューを組み立てていきます。これからの進行についてはまたご紹介したいと思います!

最近の整備&車検関係の作業

  • 隠れ在庫wのトヨタ MR-Sが売れて納車となりました

    2019年11月19日

    中古の販売車として載せようと準備していたトヨタのMR-S。ありがたいことに、載せる前に売れました(;...記事の続きを読む

  • 6型FD3S RX-7 スピリットRのロータリーエンジン単体完成。

    2019年11月19日

    6型のFD3S RX-7 スピリットRのエンジン製作の続きです。(前回のあらすじはこちら) 入庫し...記事の続きを読む

  • FD3S RX-7の車検&車検整備、そしてブレーキをリフレッシュ!

    2019年11月04日

    車検&車検整備のご依頼で6型スピリットRのFD3S RX-7が入庫となりました。 まず...記事の続きを読む

  • FD3S RX-7の車高調変更。HKS製ハイパーマックスⅣ SPの取り付け!

    2019年11月03日

    車高調の変更導入で入庫となりました、青い5型のFD3S RX-7。 ライトカバーの色が...記事の続きを読む