SR20DETのオーバーホール、エンジン始動!ファインチューンされたS15シルビア

2019年04月19日

パーツの入庫待ちやオーナー様の帰国状況に合わせて等で作業が止まっていたS15シルビア。必要なパーツがそろってエンジンが完成し、車載も完了!そしてエンジンが始動して現在、ラッピングまできました( ̄▽ ̄)

今回のSR20DETの仕様としては、ノーマルベースでHKS製のカムシャフト(SS-CAM)とメタルヘッドガスケットを組み込みんだシンプルな内容のオーバーホールを行いました。
前回までのあらすじはこちらです


エンジンの車載と合わせて、今回はご要望を頂いている冷却面を強化も行います。メニューとしてはインタークーラー、オイルクーラー、ラジエターを変更!

インタークーラーは前置きタイプのHKS製。そしてオイルクーラーもHKS製を選択しました。


ラジエターに関しては圧倒的な品質でとてもよくておすすめなw

・・・というか、お馴染みのDAIWA RACING LABO製アルミラジエターです(^^)/
あ、ちなみに(全くをもって余談ですが)デモカー86用(ZN6)も用意しましたよ(;^_^A

次にエアサクションですが、こちらもHKS製にて。
そしてインテーク関係ではSR20DETにR35GT-R用のエアフロを流用します。取り付けについてはAPEX製のエアフロアダプターをエアクリーナーとの兼ね合いで、ちょっと修正しまして取付けを行いました。

また今回のご依頼の中でオーナー様の目玉商品といったとこでしょうかw
どうしても導入したいとなったのがこちらのエキゾーストマニホールド!

Altrack製のエキゾーストマニホールド&アウトレットパイプ!美しいですね~(^^)/
これらに組み合わせるターボは・・・


GCG製のGT2560Rタービン。

ノーマル風量を使い切る仕様として仕立てあげます。
エキゾースト関連では、他に・・・

フジツボ製フロントパイプ~リアを組み合わせ。

車検に対応させるべく、触媒はSARD製のスポーツキャタライザーを装着しました。

他にも細かいパーツがありますが、ここでは割合します(;^_^A

そんなこれらのパーツ類を組み合わせたエンジンを制御するのは・・・

APEX製のパワーFCの選択となりました。

加給圧の制御も同じくAPEX製で、コンピューターの方でデューティーの調整を行います。諸々の作業が完了しまして、エンジンの火入れになりますが、セッティングのためのA/Fセンサーなどの各計器も取り付けて行きます。もちろんセンサーの取り付け加工も施しますよ( ̄▽ ̄)

各計器が滞りなくついたところで、いよいよエンジン始動です。

んで、ここからはオーナー様の帰国(海外出張中)に合わせて、車両の登録(今は一時抹消登録しています)を行いまして、試乗運転~慣らし運転と続きます。

・・・と行きたいところですが、まだ帰ってこないのでw
じっくりラッピングや漏れ、異常ないかのチェックを行っていきたいと思います。

帰国(納車)をお楽しみに~♪

最近の整備&車検関係の作業

  • FD3S RX-7の車検&車検整備、そしてブレーキをリフレッシュ!

    2019年11月04日

    車検&車検整備のご依頼で6型スピリットRのFD3S RX-7が入庫となりました。 まず...記事の続きを読む

  • FD3S RX-7の車高調変更。HKS製ハイパーマックスⅣ SPの取り付け!

    2019年11月03日

    車高調の変更導入で入庫となりました、青い5型のFD3S RX-7。 ライトカバーの色が...記事の続きを読む

  • オーバーホールで6型FD3S RX-7 スピリットRのエンジンを分解!すると、、、

    2019年10月25日

    ロータリーエンジンのオーバーホールのご依頼で、6型FD3S RX-7のスピリットRが入庫となりました...記事の続きを読む

  • エンジン不調のFD3S RX-7が入庫で故障探求! +アップデート

    2019年10月24日

    山形県より遥々お越しいただきました。ありがとうございますm(__)m 初入庫となったこちらの6...記事の続きを読む